オートローン審査

オートローン審査に通らない人の特徴とは

オートローン審査に通らない理由とは

オートローン審査に通らない人の特徴について書いてみます。

 

オートローン審査に落ちる人の特徴としては、下記の項目が考えられます。

 

・年収条件を満たしていない人
・適用年齢範囲内でない人
・勤続年数条件を満たしていない人
・過去に返済トラブルがあった人

 

 

他にもいくつか審査落ちする理由は考えられますが、概ね上記の原因でローン審査に通らないことが多いです。

 

この中でも特に審査落ちする理由として多いのが下記の2つです。

 

1,過去に返済トラブルがあった人

過去にローンやクレジットカード利用の返済で遅延・延滞などの返済トラブルがあった場合、オートローン審査に通るのは難しくなります。

 

これらの返済事故の情報は、「全国銀行個人情報センター」「CIC」「JICC」などに事故情報として登録されます。

 

事故情報が登録されている期間は信用情報機関によって異なりますが、延滞の場合は延滞解消日から約5年程度になります。

 

一定期間が経過すると登録が抹消されるので、その後ならローンの利用が可能になります。

2,年収が低い人

年収が低いと返済能力が弱いと判断され、審査落ちする場合があります。

 

年収条件については各金融機関の公式サイトに掲載されていますので、まずそちらを確認してください。

 

低金利で人気の日立キャピタルマイカーローンねっとぷらざでは、前年度年収が280万円以上となっています。

 

損保ジャパンの新車マイカーローンでは、前年度年収400万円以上からです。

 

年収については申し込み後に収入証明書や源泉徴収表を提出することになるので、申し込み時に虚偽の申請をしていると審査落ちすることになります。

 

自分の年収で借り入れできる中で、いちばん金利が安いオートローンを選ぶのがいちばん賢い方法です。

 

低年収が原因で借入れできない人はコチラを検討してみては!?

過去に返済トラブルがあった人は現時点ではオートローンの借り入れは難しいかと思いますが、年収が低い人については方法があります。

 

楽天銀行スーパーローンでは、限度額200万円以内なら前年度の収入証明書の提出は必要はありません。

 

つまりローン審査時に提出する「源泉徴収票」や「収入証明書」の提出が不要ということは、前年度の年収が低くても申し込み自体は可能ということです。

 

もちろん過去に返済トラブルがあると審査落ちしますが、年収条件が設定されているオートローンサービスよりは審査に通る可能性が高くなります。

 

少し金利が高くなりますが、収入条件が満たない人にはオススメのローンサービスと言えます。

 

★楽天銀行スーパーローンの詳細はコチラ≫

 

ホーム RSS購読 サイトマップ